松田聖子の夫選びの基準と曲など大いに語る!

松田聖子の楽曲で好きなのは?!:第11位~第20位

紅白歌合戦のときに、聖子ちゃんが歌ったのは「あなたに逢いたくて ~Missing You~」で聖子ちゃんも50代、かつてのような高音を出すことができないかもしれない。それに聖子ちゃん初大トリ、緊張するかも?!ということで聖子ちゃんがとった作戦(大げさ)は、キーを少しさげていたような気がします。で、聖子ちゃん・・・この曲でも、ためためでためまくっての歌いました。

憧れの聖子ちゃんカット

カラオケ人気ランキング続き

聖子ちゃんのためた歌い方、いつだったのかNHKで聖子ちゃんが2時間ぐらいの長時間に出たときに「わーい。聖子ちゃんが出るからみよう!」とソファに寝そべりながら、聖子ちゃんが歌うテレビ番組を見ていました。だんだん「なんか気持ち悪い、違和感が・・」と曲に対しての違和感を強烈に感じて、次の曲では大丈夫でしょ気のせいよ、この曲だけためて歌いたかったのかもしれない。と思いながら見ていましたが、やっぱり変わらず。。。。

聖子ちゃん、歌い方が変わってた。もはや昔の松田聖子じゃないのね。進化した松田聖子なのだろうけど、その歌い方はせっかくの名曲を良くない方向に変えているとしか思えないまでにためて、ためて、ためまくる歌い方になっています。

私の大好きな聖子ちゃんのデビュー曲「裸足の季節」は、今の聖子ちゃんで聞いてしまうとまったく別の曲になってしまいそうだし、あの伸びのある高音を求めるのはあまりにも酷なので昔の音源で楽しむのが一番かも。

昔のアイドルは良かった件

第11位~第20位

  • 第11位・・・「チェリーブラッサム」1981年1月21日発売 作曲は財津和夫さんなんですね。なにもかも、めざめてく~から、ツバメが跳ぶという曲の展開が好き。この曲はデビューから4枚目のシングル曲。
  • 第12位・・・「制服」 赤いスイートーピーのB面が「制服」だったんですよね~。聖子ちゃんの曲の忠でも名曲中の名曲。制服という言葉は歌詞の中にはでないけど、卒業式の風景が目に浮かぶ情景と、聖子ちゃんの声がいい感じなんです。
  • 第13位・・・「白いパラソル」作詞は松本隆で、聖子ちゃんの楽曲提供ではこの曲が初作品です。♪なーぎさに~白いぱーらそる こーたえはーーぁ♪ なんだったか教えて欲しいわっ!
  • 第14位・・・「私だけの天使 ~Angel~」1997年4月23日  聖子ちゃんが作詞作曲ですが、むすめの沙也加ちゃんのことを思って作った曲です。シングルの裏に映っている手は当時5年生の沙也加ちゃんの手で、ママの聖子を前面に出している感が強すぎて、個人的にお腹いっぱいになってしまいます。
  • 第15位・・・「風立ちぬ」 1981年10月7日 作曲は大瀧詠一です。なんでもこの曲をレコーディングする時に、聖子ちゃんはいい曲だけど自分には向いていないと言っていたとか。ところがどうしてどうして、とっても良い仕上がりになっていて、この曲も聖子ちゃんの代表曲のひとつに入りますね。15位は低いなと思う。
  • 第16位・・・「渚のバルコニー」 1982年4月21日 作曲はユーミンなんですよねぇ。編曲はゆーみんの夫だし、聖子ちゃんの楽曲は、作詞家や作曲家がとにかく豪華!この曲もラベンダーの霧のヴェールと歌詞がスラスラでてくるぐらだから、やっぱり名曲なんだと思いますね。
  • 第17位・・・「Rock'n Rouge」 1984年2月1日 こちらも「渚のバルコニー」と同じ組み合わせで、作詞は松本隆で作曲はユーミン、編曲は松任谷正隆です。ユーミンが歌えばどんな感じになるのか改めて聞いてみたい曲でもあります。
  • 第18位・・・「天国のキッス」 1983年4月27日 作曲は細野晴臣で作詞は松本隆。作詞家の松本隆は、松田聖子プロジェクトで自身の最高傑作と言っているほどの作品です。聖子ちゃん主演映画「プルメリアの伝説」の主題歌でした。
  • 第19位・・・「ガラスの林檎」 1983年8月1日 作詞は松本隆、作曲は細野晴臣。バラードの曲でB面にはSWEET MEMORIESでした。CMの影響で再び売れたシングルなんで、両A面シングルにして新しいジャケットになりました。
  • 第20位・・・「時間旅行」 アルバム「SUPREME」に収録された曲で、作詞は松本隆で作曲はSEIKO。『SUPREME』アルバムに収録されているのが、どれもいい中でこの曲もとってもいい。聖子ちゃんが産休中にリリースされました。
人気カラオケソング