松田聖子の夫選びの基準と曲など大いに語る!

聖子ちゃんカットは永遠に不滅です

聖子ちゃんカットの時代は、いつもおでこは髪の毛で隠されていましたよね。それが今ではすっかりおでこを出しているのが当たり前になっています。聖子ちゃんカットを知らない世代からすると、松田聖子は年齢不詳のキレイな人という認識なんでしょうね。前髪はしっかり目の上ぐらいまであって、横サイドをブローで外に巻いて肩ぐらいまでの髪型。「聖子ちゃんカット」はOLに女子大生そして中高校生も、みな聖子ちゃんカットをした時代があったんです。 聖子ちゃんの登場で中森明菜も小泉今日子も、デビュー当時はみんながみんな聖子ちゃんカットだった時代があったんです!

ところが「人より先を行く松田聖子」の生き方は、徹底されていますから「聖子ちゃんカット」をしていた松田聖子の時代はだいたい2年で終えているんですね。中森明菜や小泉今日子が「聖子ちゃんカット」でデビューして来た時に、松田聖子はすでにショートカットにしちゃっていました!

時代は21世紀になりましたが、聖子ちゃんカットはまだ健在ですよ。イギリス王室で聖子ちゃんカットを見ることができます。ウィリアム王子の奥さん、キャサリン妃じゃないのが残念な感じですが、チャールズ皇太子の妻で長年チャールズと不倫関係にあった「カミラ夫人」です。カミラ夫人は今でも聖子ちゃんカット♪真っ白の白髪の聖子ちゃんカットが様になっているカミラ夫人をみると、聖子ちゃんカットは年代問わずに似合う髪形なんだなぁ~と改めて感じます。

憧れの聖子ちゃんカット

聖子ちゃんの髪型

聖子ちゃんカットを流行らせた後に、聖子ちゃんはショートカットに髪型を変えました。フレッシュ!フレッシュ!フレーーーーーーーーシュッ!!!夏は扉を開けて~♪の「夏の扉」の時も、聖子ちゃんカット。そして季節が秋になり、「風立ちぬ~ぅ いまわぁ あきぃ~~~♪」の時にも聖子ちゃんカット、ところが「赤いスィートピー」の時のシングルジャケットは、髪の毛をアップにしたスタイルで、聖子ちゃんカットじゃないんです。「渚のバルコニー」のジャケットでは、完璧ショートで耳たぶもしっかりと見えています。

聖子ちゃんは若い頃は、いろんなヘアースタイルにチャレンジしていたので、いつみても聖子ちゃんは新鮮な感じがしました。飽きさせない感じとでもいいましょうか?!「天使のウィンク」のショートカット姿も、今までの聖子ちゃんのシングル写真とは違っていて「挑むような目をした顔にショートカット」姿がとっても新鮮でした。

おんなじショートでも、これをまっすぐにしたら和田アキコスタイルになるので、聖子ちゃんになろうとしたのになぜかアッコにおまかせ状態になるなんて~!と、美容院で美容師の腕に腹を立て、アッコと同じ髪型になってしまった自分をうらめしく思った人もいました。

聖子ちゃんがすると、アッコにならない。なぜなら、「松田聖子」だから(笑) 聖子ちゃんがアッコになるはずもなく、聖子ちゃんは新たな自分を求めて「聖子ちゃんカット」からショートカットにしたり、そしてあの髪型をいち早く取り入れて日本に根付かせたのも、じつは聖子ちゃんが初めてなんです!

昔のアイドルは良かった件

For Philippines English study People can know more about the schools and their specific features such as Curfew time, school rules, atmosphere, environment and facilities for Philippines English study

ソバージュヘアー

1980年代に大流行した髪形「ソバージュ」がありますね。ナチュラルな髪型ではなく、ソバージュはグリグリグリというかなり強めのカールですね。アメリカ進出した時にも、聖子ちゃん頭がデカッ!というぐらい、かなりボリュームのあるソバージュでカーリースタイルの髪型でした。

ソバージュというと、中森明菜や飯島直子のイメージが強くなっていますが、聖子ちゃんもしていたんですよね~それもかなり早い段階でソバージュヘアーを取り入れています。ス聖子ちゃんはヨーロッパじゃなくて、アメリカが大好きなようで化粧品も日本に入る前にいち早く使っていたM.A.Cのチェリッシュは聖子ちゃんご愛用で有名ですけど、当時はもちろん日本にM.A.Cは入っていなかったので聖子ちゃんがアメリカで何が流行っているかを敏感に嗅ぎ取っていて日本へ持ち込んでいたんでしょうね。

聖子ちゃんはデビューしてからアメリカ進出したりと、かなり果敢にいろんな髪型に挑戦していた聖子ちゃんが、いつ頃オデコを出し始めたのかな~と思ったら、かなり若い頃の聖子ちゃんのオデコが出ている姿は「野菊の墓」でしょう~ 「野菊の墓」ではデコ出しちゃっていますが、30代後半ぐらいでしょうかね~ アメリカ進出をやめて日本での活動に主軸をおきだした頃には、オデコを出している姿が当たり前になっていますね。

ビビビと結婚した時のウエディング姿も、おでこが出ていたスタイルだったような気がするなぁ~~。あーどうだったのか・・・。聖子ちゃんはウェディング姿をいろいろな場面で披露しているので、記憶があやふやになってしまっているのがとっても悔しいところですが、聖子ちゃんがビビビ婚をしたときには聖子ちゃんは娘の沙也加ちゃんも大きくなったし、生活の拠点は日本に置こうと腹をくくったのでしょうね。すっかり聖子ちゃんの髪型が、ロングばかりになってしまってつまらなくなってしまいました。

人気カラオケソング